第三銀行の魅力

第三銀行の地域密着型金融

第三銀行は、地域の皆様と共に成長することを目的に、地域密着型金融に取り組んでいます。主な取り組み内容としては、「営業力の強化」「信頼度の向上」「お客様満足度の向上」「人材力の強化」「地域経済活性化への貢献」の5つが挙げられます。営業力の強化では、新規事業開拓や事業再生の支援、地元企業への融資などを行っています。第三銀行では、会社の資本金や売上高、決算書などの情報からキャッシュフロー(お金の流れ)を把握し、的確なアドバイスをしています。地元の企業が順調に経営を行えて利益が増えれば、地域経済全体の活性化に繋がるので、地域の金融機関のこういった営業活動はとても大切になってきます。

信頼度・お客様満足度の向上では、インターネットバンキングやおみくじ付きATM(一部店舗のみ)を取り入れるなど、より便利に第三銀行を利用してもらうような総合金融サービスを提供しています。また、経営の効率化・合理化を図って健全な運営を行っていくことも、信頼を得るための大切な項目です。第三銀行には、ビジネス関連やコンピューター関連の子会社があるので、そういった子会社と力を合わせながらスピーディーで無駄のない運営を行っています。もちろん、従業員の意欲的な働きがあってこそお客様に支持される銀行ができあがるわけですから、接客マナー講習や社員研修などにも力を入れています。これが、人材力の強化にも繋がっています。

最後に、地域経済活性化への貢献ですが、地元の中小企業を支援すること以外に、金融商品でも熊野古道定期の販売や、三重県の木を使った住宅を購入すると金利が引き下げられる『「三重の木」金利プラン』といった、地元の環境保全に繋がる商品を販売しています。こういった商品を通じて、私たちでも地元に貢献できるのは魅力的ですよね。

他にも、地元のスポーツ大会に協賛したり、三重県伊勢市にある伊勢市駅の再開発事業に参加するなど幅広い分野で活動しています。銀行とは関係ないことでも、実は銀行が深く関わっている事業がたくさんあるのです。地域密着型金融の取り組み状況や進捗状況は、第三銀行のホームページで確認できます。

◆伊勢市駅の情報:伊勢市駅|JR東海
[url⇒http://railway.jr-central.co.jp/station-guide/tokai/iseshi/index.html]