地元に寄り添う山口銀行

山口ファイナンシャルグループ

山口銀行の親会社である株式会社山口ファイナンシャルグループは、2006年(平成18年)に設立され翌年にもみじ銀行、2011年(平成23年)に北九州銀行が子会社に加わりました。その他の関連会社に、やまぎんカードなどのカード会社やワイエム証券といった会社が16社あります。そのため、山口ファイナンシャルグループは全国にある金融グループの中で第6位になるほどの規模の大きな会社です。イメージカラーはそれぞれの3行のイメージカラーである緑色・オレンジ色・黄色・赤色が使われており、明るく活動的で清らかな印象があります。

そんな山口ファイナンシャルグループには、山口銀行・北九州銀行・もみじ銀行の3行で揃って扱う金融商品があります。まず、「ワイエムカード」です。これは、キャッシュカードとクレジットカード、カードローンの機能が付いた便利なカードです。希望によって電子マネー・クイックペイの機能も付けることができるので、お財布をすっきりさせたい人にはおススメです。

続いて、宝くじ付定期預金の販売です。3行では期間限定で、宝くじがもらえる定期預金を販売しています。ただお金を預けるより、こういった楽しみがあると良いですよね。その他にも、生命保険などの保険取扱商品もほぼ共通しています。また、山口ファイナンシャルグループでは、社会貢献に対してもグループ全体で共通の意識を持っており、支店でのサービスの向上や取扱商品の内容を充実させる、地元の企業への支援、地域行事への参加などを積極的に行っています。

それから、山口ファイナンシャルグループでは、株主になると山口県や広島県、九州といった西日本の地域の特産品が貰える株主優待を実施しています。ある程度の投資金額は必要ですが、銀行のような地盤の固い会社の株なら大きな株価の変動の心配は少ないので、堅実に資産運用できることでしょう。山口銀行と合わせて、同じグループであるもみじ銀行や北九州銀行にも注目してみて下さい。